目を大事にしよう|感染症で有名なフィラリアなど、気をつけるべき病気があります

感染症で有名なフィラリアなど、気をつけるべき病気があります

様々な種類の薬

目を大事にしよう

水が入ったコップと薬

どんな生き物にとっても目はとても大事な体の一部です。
しかし残念ながらその目が「白内障」と呼ばれる病気にかかってしまう可能性があります。
人間にかかることが多い白内障ですが、あなたの愛犬も同様に白内障になってしまうおそれがあるので注意してください。

もし実際に白内障になってしまったら、まともに歩くことがとても難しくなります。
犬の場合はいろんなところに頭をぶつけることが起こってしまうでしょう。
すでに壁に頭をぶつけるようなことが見られる場合は、白内障のおそれがあります。

白内障を根本的に治療するためには基本的に外科手術をすることになりますが、まだそこまで深刻化していない場合は「シーナック」と呼ばれる点眼薬でなんとか進行を抑えることができます。
シーナックという点眼薬はキャンCのジェネリック医薬品なので、非常に安価で購入することができます。
1日に2回両目に対して点眼していき、毎日朝と夕方に1回ずつ使用していきましょう。
ちなみに用法用量を無視して一度にたくさん点眼したとしても、得られる効果はまったく変わりません。

またシーナックはあまり副作用がない種類の薬になるので、ちゃんと用法用量を守っていれば安心して使うことができます。
ただし併用禁忌薬はありますので、すでに別の白内障治療薬を使っている人はよく注意しておかなければいけません。
一応シーナックな犬だけではなく人間でも使える薬となるので、どんな家にもひとつあった方がすごく便利だと思います。
白内障という病気は放っておけばどんどん白く水晶体が濁っていきますので、常になくならないように置いておけばとても安心できます。